成人は注意して欲しい

日本でも最初非常に難しく厳しい問題となっているものが未成年問題であり、児童ポルノ規制問題なのです。
しかし、今インターネットの規制に関してはちょっといたちごっこという感じにもなってしまっているのではないでしょうか。
男性が未成年に対してもこういう発想するということもひょっとしたら仕方ないことなのかもしれないですよね。
性というものは悉く女性を食い尽くすものなのです。
女性は男性にとってはいわば“あんこう”的存在なのかもしれないですよね。
xしかし、それはせめて成人相手にしなければならないですよ。
判って未成年に対してセックスを求める男性はやっぱり懲りない男性なのです。
性とはある意味ギリギリ境界線ひくことの出来る存在でもある訳です。
性が自由だという甘えから未成年に手を出すのかもしれません。
せめて今の現代社会ここのあたりに線をしっかりと引くべきなのです。
しかし最近、成人と思っても未成年というケースもありますよね。
それはちょっとそういうことで被害受けたら同情もしたいですが、それでも、怪しいと思えば疑って手を出さないに限ります。
未成年の女の子だって、別にそれが悪いことだと真剣に考えておらずあなたに対して仕掛けてくるかもしれないですよね。
未成年だってあなたからの援助交際があれば、メリットばかりが目立ち、なぜ未成年の援助交際がいけないの?ということになってしまうのです。
結局そこに法律があり、それに従うか否かという問題ではありませんか。
法律の前では屁理屈言っても意味がありません。
そして、未成年が悪くても責任は成人の方なのです。
そのあたりこと非常に成人は注意していただきたいですね。

困ったと時はヘルプページを確認する

検索サイトとしてグーグルを利用する人も多いでしょう。
そしてグーグルで無料で利用できるサービスとしてGメールがあります。
Gメールの魅力は複数のアカウントを作る事が出来、そして同時にログインする事ができるので
複数のメルアドの管理がしやすいという点です。
そして大手のフリーメールで何が便利か?というとやはりトラブルが発生した時でしょう。
パソコンを利用していると突然○○の機能が使えなくなってしまったり、あのサービスを利用したいけど
どうしたらいいのか分からないという困った状況に陥る事があるでしょう。
そうゆう時はサイトのヘルプページをまず確認してみましょう。
○○の仕方が分からないというトラブルは他の利用者も同じように体験しているケースが多いので
その質問事項と回答がすでにアップされている事が多いからです。
そうすればその場で問題が解決する事が出来ますよね。
利用者が多い大手だからこそ質問数も多く、ヘルプページが充実しているのです。
もしそれでも自分の質問事項が掲載されていないという場合はサポートセンターに連絡すれば
丁寧に回答してくれるでしょう。
無料でここまで丁寧に対応してくれるんですからすごいですよね。
ただし無料のサービスを利用する場合運営会社が日本ではないとサポートを受けるのに
言葉が通じないという可能性があるので、やはり日本の運営サイトの方が安全性が高いでしょう。

愛人との連絡方法

愛人を作ると何かと気を付けないとならない事があります。
その一つが連絡方法でしょう。
個人的には、携帯電話もパソコンも使いたくないと思います。
家庭内や身の回りに連絡の痕跡を残したくありませんよね(笑)
では、どうすれば?と言う話ですが、ネットカフェを使うのです。
当然フリーアドレスは持っていないといけませんよ。
それくらいは愛人の存在を知られる事を思えば、簡単な作業だと思いませんか?ネットカフェや漫画喫茶ならインターネットが使えます。
そこから愛人にメールを送る方法が、だんぜん安心して自宅にいられると思います。
堂々としていられるはずです。
家族の目を気にする必要はありませんから。
「どこでも調べて頂戴」と言う態度は、疑う余地もないでしょうから。
仕事で家を一歩出たら、時間のある時にネットカフェに寄ったり、帰宅途中でしばらくの時間費やすだけで済みます。
怪しまれるほど、遅い帰宅にはならないでしょう。
または、仕事関係の話を自宅の据え置き電話から、日頃しているとするなら、愛人にも「いつもお世話になっています。」
と言う具合で、取引先相手に電話をしている調子でかける事もできますね(笑)「はい、お時間はそちらのご都合の良い時間で構いません」
とか言ったりして(笑)実のところは愛人と時間調整をしていても、家族は仕事の相手だと思うでしょうね。
まぁ、何度も同じ手は使えないと思いますけど(笑)できれば、あまり自宅電話も使用しない方が無難かも知れませんね。
危ない橋は渡らない方が良いでしょう。
さて、携帯電話ですが、やはりまったく使わないと言うのも難しいかも知れない・・と言う人は、仕事用とプライベート用を持ちましょう。
男性なら「これは職場関係の携帯だから。」と家族に日頃から見せつけておくと良いでしょうね。
プライベート用には愛人を登録してはいけませんよ。
当然ですよね(笑)仕事用の携帯に愛人を登録しましょう。
ただし、社名で登録する方がいいと思います。
この場合も仕事用の携帯を使って仕事相手と連絡を取っている様にするのです。
メール着信があっても「それは仕事用だから・・」と家族は思うでしょうから、簡単には見ないと思います。
しかし、完全に安心はしておれませんよ(笑)パートナーを甘く考えていてはいけません。
携帯履歴のチェックはされていたりして・・。
まぁ、これらの連絡方法を参考にしてみてください。
メール履歴はお互いに削除しておいた方が無難ですよ。
通話履歴は社名だし、何を話していたのか?それは残らないですけどね。
パートナーがかけない限り愛人には繋がらないでしょうけど。

迷惑メールの対策法

迷惑メールに悩まされている人がかなり多くなってしまっています。
1日に数通程度であればそこまでの問題ではないでしょうが、中には数十から100通ほどの迷惑メールを毎日受信しているという人が多いんです。
ドメイン拒否や受信拒否をすることで、迷惑メール対策をすることもできるようになっているのですが、メールアドレスやドメインを複数使って、
このような設定を無視してメールを送ってくると言う事も多くなってしまっているのです。
それに10通近いメールとなると、受信拒否をしたくても、設定できる件数をはるかに超えてしまうことになります。
ですから、対策をしても、その問題を解決させることは非常に難しい状態になっています。
このような状態になってしまったのであれば、もうできることはメールアドレスを変えるという方法だけでしょう。
どうして迷惑メールが送られてくるようになったのかを考えたことはあるでしょうか?
いくつかの原因が考えられるのですが、自分が運営をしているブログなどにメールアドレスを公開していると言う事も多いです。
インターネットで自分のアドレスを公開してしまっているのであれば、速やかにメールアドレスをネット上に公開をしないようにしたほうが良いですね。
ブログなどに掲載しているメールアドレスを収集するためのツールもあります。
収集されないようにするために、自分のメールアドレスを公開するべきではないのです。
迷惑メールの対策を個人個人がきちんと行うようにすれば、迷惑メールを送っている悪質業者も減ることになります。
そうなれば、今のように迷惑メールに悩まされることもなくなるのです。

無条件に好感を持つ

外見をパッと見ただけでは「あぁ・・この人は童貞ね」とは分からないものです。
道を歩いているだけで「童貞だ・」と知られる事もありません。
顔のどこかに「童貞」の印がついているならともかく(笑)
大人しいから「童貞」とは決めつけられませんよ。
「童貞」にしか出せない雰囲気があるのです。
女性はそれを見抜きますから。
しかも女性は「童貞」に対して、無条件に好感を持つと言えるでしょう。
そこら辺の女たらし・とは違いますから「童貞」は・。
女性は純粋な男性が好きなのです。
色々な女性と遊んできている男性には、それなりに女性の扱いが上手かも知れませんが、初々しい男性に魅力を感じるものなのです。
仕事っぷりを見ていても、別に問題なくこなしている・・。
だから職場では「童貞」である事などばれないでしょうね。
しかし、一旦、女性と一対一になった瞬間に「なんと・・この男性はたどたどしいのだろう?よほど女性経験がないのね」
と女性は思うのです。
そして、「こんなに初心な男性だから、今この時も、きっとドキドキしているのだろうな。可愛いな」
と女性は男性の事を可愛らしいと思うだろうし、「そんなに緊張しなくても大丈夫よ。
少しくらいダメだったとしてもいいのよ」
と思ってしまうのです。
つまり「童貞」には女性は寛大になれると言う事です。
ところが、単なるたどたどしい男性は嫌われますよ(笑)「何をモタモタしているのかしら?面白くない男だわ」となるのです。
本当に「童貞」の人ってお得ですね(笑)
「童貞」の人と関係を持とうとする女性の場合、幼い子供の成長を見守るかのような余裕があるのです。
決して急かしたり、厳しい言葉を出す事はないでしょう。
大人の男になるまで、女性は見守るようにして待てるのです。
よほど「童貞」がお気に入りみたいでしょ?偽物は嫌いなのが女性ですよ。
女性経験があるにも関わらず、不器用な男なんてお断り。
しかし、「童貞」なら不器用であろうと、不慣れな部分に魅力を感じるのですね。
自分が「童貞」なのに、背伸びをして、女性に馴れ馴れしくしない事です。
まぁ、本物の「童貞」ならそのような小細工は無理でしょうけど・・。
「童貞」は有りのままで良いと言うわけです。

誰でもSとMの二面性を持ち合わせている

SM嗜好のある人は、その道を知っているらしく、友人の一人がSMクラブに通っているのです。
友人は社長と言う立場の人ですから、社員たちは「まさか・・あの社長がMだとは」なんて知るはずはありません。
私はたまたま友人だった為、仲良しであり話題に出してきたと言うだけです。
友人社長は、普段はS的な男性ですよ。
つまり、SとMを使い分けている社長だと言う事になりますね。
しかし、これは何も友人だけに限った事ではないのです。
誰でも、SとMの二面性を持ち合わせていると言うではありませんか?
ちょっと想像をしてみてください。
仮にも社会的地位のある男性が、女性に罵られたり、「お前なんか・・」呼ばわりしているのですよ。
そのような扱いをされて快感を覚えている男性・・。
まるで別人ですよね(笑)女王様に冷たく扱われる事を望むドMの友人。
さぞ満足を味わうのでしょうね。
女性に身も心も支配されたいと願うのがドM嗜好なのでしょう。
この場合、女王様は超ドSだとピッタリと言うわけです。
SにはMを。
MにはSを。
と言う関係でなければお互いに快楽はありません。
実際はS役の方が疲れると思いますよ。
結構ハードですから。
鞭を持ってM相手にサービスをするわけですから。
それに、M役の相手に、どのような暴言を吐いて悦ばせようか?常に頑張るわけですからね(笑)
ですが、いつもはSでも、もしかすると自分の周囲の環境によっては変化する可能性はあると思います。
果たして本当の自分はSなのか?Mなのか?その時々に強く表れた気分に正直に行動をすれば良いと思います。
だって、人は誰でもSMの両面があるのですから。
自らが「ドSだ」と言う人だって、もしかしてMの部分が潜んでいる可能性は否定できませんよ。
このような事を考えながら友人を眺めているのも、ある意味面白いのではありませんか?「えっ?悪い趣味」ですって(笑)
まぁ・・そうおっしゃらないで、人間と言うのは面白い生き物だと言う訳ですよ。

ケータイ小説がきっかけで恋をする

ネット上で知り合って、恋愛関係になる確率は、今では普通になったのではないでしょうか?
男女の出会いはネット上にはたくさんありますからね。
SNSで知り合ったと言う男女は、何の疑問も持ちませんよ。
お互いに気が合ったら・・交際を始めると言うパターンは一般的だと思います。
では、「ケータイ小説サイト」がきっかけとなり、恋をしてしまうと言うのはどのように思いますか?しかも純愛をするとすれば?
1・・小説を書こうと思う人は、何らかの経験を元にして書いていると思います。
そうでないと、ストーリーはそんなに簡単には思いつかないのではないでしょうか?実際のエピソードを元にしていると思いますよ。
面白おかしい恋愛をした事がある人は、そのような内容を書くでしょうし、セクシーな大人の出会いを話題にした小説もあるでしょう。
想像で小説を書くのは素人には難しいと思います。
ですから、自ら経験をした事柄なら書けるのだと思います。
そうすると、その書いた小説は作者の人柄・何を大切に思う人なのか?と言った価値観も作品には出て来るでしょ?
作品を読んだ人は「この作者は、私と共感できるわ。」と言う感想を持つ人もいるはずです。
2・・自分も作品を書くが、他者の作品に対して感想なり、コメントを書くか?書かないか?
どのようなコメントを書くかによって、性格やその人の内面的な部分を感じる事ができると思いますよ。
作品に対して、作者が何を趣旨にかいているのか?非常に理解している人もいるでしょう。
または、「あの部分は、現実的で実に人間らしいものだな・・と思いましたよ。」と言う感想を書く人もいるでしょう。
このように他者の作品に目を通して、興味を持ってコメントを書く人や、自分の小説を書くだけの人もいるのです。
この違いは、人との繋がりを持ちやすい人か?保守的か?と言う面を知る事ができると思いませんか?
3・・決まった時間に小説を更新している人。
またはコメントを書く人(笑)この決まった時間にアクションを起こす人と言う点は重要だと思います。
何故なら、生活リズムが多少なりとも見えると言えるでしょう。
更新時間が決まっていると言う事は、その時間は自由である証拠ですからね。
同じくコメントを書く時間が同じと言う人も、その時間帯は仕事をしていない時間だと想像ができます。
お互いに「この人は決まった時間に書いている・」と感じているかも知れませんね(笑)
もしも5時過ぎにいつもケータイサイトでコメントを書いているとするなら、「もしかして?公務員?」と言う想像をしたりして・。
その逆は、毎日更新をしない人もいますからね。
書きたい時に書くタイプだと言う事なのでしょう。
4・・作品をしっかりと仕上げる人か?どうか?
なかなか一つの作品を仕上げるのは難しいと思います。
ストーリーが頭の中で出来上がっているなら別ですが・。
たとえ短編小説であっても、きちんと内容が完結していれば、作者の人生を感じ取る事はできると思います。
短編小説とは言え、「もっと読みたいな・」と思える作品が書ける人は、センスも才能もあると思います。
長編小説を書きたいのか?どうなのか?分からないまま、内容もまとまらず・・「結局、何が言いたいのか?」と言う作品もありますよ。
このようなタイプの作者は、「あれを書こう」「これも書いた方が良いかな?」と作品にブレが生じてしまうのかも知れませんね。
あまり才能があるとは思えないのですが・・。
気が散りやすい人なのかも知れないですね。
サッサと書いて、ストーリーを完結させる事ができる人の方が、分かりやすいと思います。

浮気をした彼に仕返し

あなたは浮気した彼に一体どんな仕返しをしますか?今回色々な仕返しを集めました!

例1・「普段から、彼が一番大切にしているものは何か?これを私は知っているのです。だから、浮気されたそれを無茶苦茶にしてやる」
「10歳くらいの時から、ずっと大事にコレクションしてきたフィギアがある彼。しかもやっと見つけたお宝フィギアがあるらしい」
「それを、壊してやるから・。何年もかけて集めたコレクションは、簡単にお金では取り戻せないはずよ」

例2・「彼は浮気性です。しかし、私が甘やかせたのかも知れないが、その浮気相手と別れると戻って来るのです。」
「戻って来た彼を見て、私は嬉しいとは思いません。こんな偽物の男など捨ててやると決心をしたのです。」
「不誠実な男より、もっと誠実な男性と熱愛関係になり、彼を見返してやりました。」

例3・「カッとなると、すぐに手を出してしまう私。浮気されたと分かると、彼の仕事の書類が入っているビリビリにしてやった」
「その上、メガネが彼の必需品ですから、爪を立てた私の手でメガネをはたき落して、バリバリとレンズを割ってやった」
「近眼野郎の彼は、流石に見えないと良い返してくる言葉も鈍るものです(笑)」

例4・「車愛好家にとって、愛車に何かあると神経質になるものです。」
「浮気をしていると知った時、大切な彼の愛車に少しずつ傷をつけてやった。助手席は特にシートをチビチビ破いてやった」
「お〜〜〜。この傷は!!!しかも、このシート???」と彼は思ったに違いない。私は素知らぬ顔をしていた。
「毎回、車のチェックを以前よりも神経質にしだした彼は滑稽だ」

例5・「何かある毎に、彼は時計やブレスレットを自分の記念に買うのです。私へのプレゼントではありませんよ(笑)彼の為の物です」
「俺の仕事がうまく行った時のご褒美だから、いわば俺の歴史と言ってもいいかな?と言う彼・」
「しかし、浮気をした記念の品は買わないのか?と思いつつ、今まで集めた彼の時計やブレスレットは勝手に売り捌いてやった」
「何をする!と怒っていたが、高価な貴金属だと思っていたでしょうけど、偽物ばかりらしいよ。あほらしい。と言ってやった」
「ケチなものを集めるんじゃないよ!と言ってやると、かなりへこんでいた様子。」